不動産証券化のメリットとは

現在、不動産証券化のマーケットが急速に拡大しているといわれています。不動産証券化することによって、より所有している土地を有効に活用することができるところが大きなメリットとされています。
不動産を直球勝負で有効活用しようとなるとどうなるでしょう?おそらく自己資金ですべてを賄うことは難しくなります。このため、銀行などの融資に頼らないといけなくなります。しかし銀行はそう簡単に融資に応じてくれることはありません。このために土地の活用が難しくなります。

そこで不動産証券化ということが遡上に上ってきたわけです。不動産証券化することで、投資家から資金を広く集めることができます。
そして投資家から集めた資金を元手にして、不動産投資することができます。ですから銀行の融資に頼る必要性がなくなります。ですから比較的スムーズに不動産購入などのための資金調達が可能になるわけです。

不動産の売買が活性化するということは、不動産マーケットの流動性が高まります。また土地の有効活用の可能性も高まります。
ですから不動産証券化というのはただたんに投資法という側面だけではないところがあるわけです。土地を有効に活用することで、その町の地域活性化に寄与することも可能となります。

もし町に大型の施設を確保することができれば、集客も一気にアップします。ということは、町に落ちるお金も大きくなるというわけです。すると経済効果が大きくなり、景気に工場につながっていく可能性も秘めていることになります。

このように不動産証券化には、投資によるメリットだけでなく、経済全体に及ぼすメリットもあります。ここでは不動産証券化によって生じるメリットについてさらにいくつか紹介していきます。